KNMtravelとサスティナビリティ

サステイナブルポリシー

第一に、私たちが「サステナビリティ」に対する意識を高め、日々の業務において持続可能な取り組みを実践し、最終的に旅行業界のあらゆる部署にてこの方針・価値観を共有するサプライヤーと協力して参ります。サステナビリティの基本原則は以下の通りです:   

弊社社員に対する社会的管理: 

  • すべての従業員は、業務内容およびその責任、権利(休日、賃金、労働時間、契約解除の自由を含む)を詳細に記した正式な書面による契約を結ぶ。 
  • すべての従業員は、業務範囲やその内容に応じ、法律で定められた最低賃金またはそれ以上の賃金を受け取る。
  • すべての従業員は、法律で定められた時間外手当を受給し、医療保険に加入する。
  • すべての従業員が会社に対する意見、苦情、懸念、満足度を自由に表明できる社内制度を整備する。
  • 社内に救急箱を設置し、消火器を定期的に点検するなど、安全な職場環境を確保する。法令に基づき、すべての従業員を対象とした火災安全に関する研修を毎年実施する。 
  •  雇用に際し機会均等(学生、障害者、年齢、国籍、地域)の理念を基に実践し、業務範囲内で利用可能な奨励旅行または研修への参加を支援する。

社内環境整備に対する取り組み: 

  • リュブリャナ支店とノヴォ・メスト本社の両事業所において、勤務時間外はすべての機器と照明を消灯する。プリンターやパソコンは、一定時間使用しない場合には自動的にスリープモードになるよう設定する。 リュブリャナ支店では、業務時間終了後、空調と照明は自動的に停止するよう設定されており、ノヴォ・メスト本店では、照明スイッチ及び空調施設に「スイッチオフ」リマインダーが追加されている。  
  • 添付ファイルの未使用や、短く簡潔な内容をMS TEAMSアプリまたはViva-Engageアプリを使用し情報共有をすることで、円滑な社内コミュニケーションを可能にすると同時にエネルギー削減を実行する。
  • オフィス機器をレンタルまたは購入する際は、節電機能を備えたものを優先する。
  • 宣伝やマーケティングを目的とする印刷物は必要最小限に抑え、次年度にはデジタル形式の宣伝活動が80%を占めるようにする。
  • エコ包装実践のために、取引先への土産品はまとめ買いをし、現地生産品を注文するように心がける。
  • 両面コピーや白紙面を他の用途に使用することにより、紙のリサイクルを推進する。 
  • 政府のガイドラインに従って廃棄物を適切に分別し、リサイクルする。従業員の80%が週平均3回昼食を持参しており、食品包装の無駄を削減している。  
  • オフィスでの食品廃棄は、「持ち寄ったものを食べきる」、そして「残ったものを持ち帰る」点を推進することで削減していく。
  • 使用済み電池を回収・リサイクルする。
  • オフィスで共通に使用するキッチン用品やカトラリーを提供することで、1回限りのプラスチック使用量を少なくとも50%削減する。 デリバリーやテイクアウトを注文する際は、環境に配慮した包装を考慮する。
  • 可能な範囲で通勤に公共交通機関または自転車を利用する。リュブリャナ支店・ノヴォ・メスト本店の両事業所でカーシェアリングを実践している社員おり、遠方に住んでいる人には、自宅からのリモートワークが適用される。
  • 社内研修や教育のために、持続可能なトピックに関する最新情報を定期的に提供する。
  • 今後数年間、持続可能なワークショップやセミナーへの出席・参加を増やす。(2022年Trensend、2023年Green Day/Green Scheme of Slovenia tourism)  
  • 地域コミュニティのサプライヤーとの結束を深め、観光施策を共同で開発する地域プロジェクト/イニシアチブ(Misterion /Inter vitisなど)への継続的参加を継続する。

サプライチェーン: 

  • 団体客の主な移動手段として、可能な限りCO2排出量を削減可能なバスを利用する。  
  • 個人客へ提案を案内する際には公共交通機関(バス、列車、フェリー/高速船など)の一部をオプションとして提供する。
  • 自然、文化、グルメ、宿泊施設、ガイド、アーティストなど、あらういり観光分野において地元取引先・企業を優先して斡旋し、地元志向の要素を凝らした持続可能な商品開発をする。
  • スロベニアとクロアチア、両国の商品・ツアー販売を優先とし、必要に応じて適切な提案を顧客に提案できるよう、サスティナブルな宿泊施設リストを作成する。
  • 法的枠組みに従い、児童労働や強制労働を拒否する宿泊施設と協力している状況について、ウェブサイトを通じすべての閲覧者に伝える。

サプライチェーン: 

  • 団体客の主な移動手段として、可能な限りCO2排出量を削減可能なバスを利用する。  
  • 個人客へ提案を案内する際には公共交通機関(バス、列車、フェリー/高速船など)の一部をオプションとして提供する。
  • 自然、文化、グルメ、宿泊施設、ガイド、アーティストなど、あらういり観光分野において地元取引先・企業を優先して斡旋し、地元志向の要素を凝らした持続可能な商品開発をする。
  • スロベニアとクロアチア、両国の商品・ツアー販売を優先とし、必要に応じて適切な提案を顧客に提案できるよう、サスティナブルな宿泊施設リストを作成する。
  • 法的枠組みに従い、児童労働や強制労働を拒否する宿泊施設と協力している状況について、ウェブサイトを通じすべての閲覧者に伝える。

 

デスティネーション: 

  • 可能な限り、自然的・文化的・歴史的観点において重要な価値のある訪問先を選択する。
  • マスツーリズムの問題を抱える観光地は避けるか、持続可能性を考慮した代替案を提供する。 
  • 持続可能な観光開発に対する認識を高めるため、国・地方レベルのパートナーと率先して協力する。
  • 利用客へ適切な現地土産物情報を提供し、絶滅危惧種(ワシントン条約の動植物リスト)やEUにより注意勧告がされている土産物の宣伝は避ける。 

取引先との関係維持のために: 

  • 明確な文言でのコミュニケーションを基に、履行不可な約束や価格の隠ぺいを行わない。
  • すべてのコミュニケーション方法において個人情報及びプライバシー保護を実践し、GDPRポリシーを順守する。
  • 希望を受けた旅行先におけるマナーや行動規律、および健康及び安全に関する情報を提供する。
  • 宿泊施設、地元の交通機関、レストランなどに関して、可能な限り代替案を提供できるようにする。
  • 熟練した認定ガイド/エスコートと協力し、特に自然/文化的に重要とされる地域では、関連情報を提供する。
  • 予めお客様や認定ガイド等に緊急時の連絡先を伝え、弊社担当やスタッフがガイドラインに従い、緊急事態の場合には早急に対処する。
  • 弊社で確立された手順を基に、顧客の満足度や苦情を真摯に受け止め、必要に応じて製品やサービスを改善していく。
  • 取引先や認定ガイドとのコミュニケーションから、すべての肯定的または否定的なフィードバックを集め、広い視点を持ち続ける。
     

主な持続可能性の成果

KNMtravel事業所内において: 

  • 2024年まで、KNMtravelトラベルチームは6カ国の国籍で構成される(クロアチア人、ハンガリー人、リトアニア人、インドネシア人、日本人及び台湾人)。
  • KNMtravelは2022年2月よりTravelifeの認定パートナーとして「リデュース、リサイクル、リユース」活動を事業所内で実践しています。紙、プラスチック、パッケージのリサイクルボックスを両オフィスに設置し、トイレタリー製品はすべてエコラベル製品に変更しました。    
  • リュブリャナ支店の事業施設は、照明と空調はすべて自動調整され、社内で使用する紙はノヴォ・メスト本社事業所と共に100%再生紙を使用しています。
  • ノヴォ・メスト本社事業所は2023年3月に改装されました。新オフィスは床、ドア、窓が新しくなり、家具、プリンター、スキャナーは旧リュブリャナ事業所からの機器を移動し、利用を継続しています。 
  • ノヴォ・メスト本社では、エネルギー削減方針に従い、消灯アラームが設置されています。
  • 社内では、電子メールの送信に代わり、共有プラットフォーム・アプリケーションを使用して情報掲載することを奨励しています。
  • KNMtravelトラベルでは在宅勤務制度を継続的に導入しており、各従業員は事前通知により月3~4日の在宅勤務が可能である。  
  • KNMtravelトラベルはミステリオン・イニシアチブの一員であり、ミステリオン・プロジェクトに関連した観光商品の企画・実施を主な役割とし、関連観光地に関するお役立ち情報をウェブサイト上にて外国語で提供しています。
  • KNMtravelトラベルは、バルカン諸国(クロアチア、モンテネグロ、セルビア)のワイン産地を結びつけ、ワインツーリズムを促進するInter vitisプロジェクトにおいて、スロベニアにおける中心的役割を担っています。
  • ノヴォ・メスト本社は、2023年5月にRozvojniセンターで、観光産業における持続可能なデザインと循環経済に焦点を当てた自主ワークショップを開催しました。

よりサスティナブルな旅行の実践に向けて: 

  • 団体旅行の主な移動手段は依然としてバスとされ、一部の市場では低CO2排出バスの利用に重点が置かれている。 個人旅行では、公共交通機関(バス、電車、船)の利用を含む行程を、少なくとも50%の旅行で実現していく。
  • 当社の主要取引先であるGO GREEN社は、スロベニア観光局から「Responsible Travel Standard」の認定を受けている。 
  • 2023年には、Special Interest 団体旅行の催行が僅かながら増加した(約2〜3%)、スロベニアでのハイキングツアー、スロベニア周辺またはユリアンアルプス地域周辺を拠点としたスロベニアフォトツアー(地元の写真家を訪問を含む)が実施された。 北マケドニアからのグループは、スロベニアの鉱業都市(Idrija市、Velenje市)を訪問し、観光が地域の活性化にどのように役立ったかを研究テーマとした旅行を開催した。
  • 旅程に持続可能な観点を背景に含めた旅行に対する需要が高まりつつある。これには、e-bike/bikeの利用、トレッキングやハイキングを部分的に組入れたツアーも含まれる。このような要望は例年に比べて20%ほど増加しているが、その多くはまだ見積もり段階である。
     
Background

お問合せフォーム

お問合せがございましたら下記に内容をご記載の上、送信してください。

お問合せ先: +386 (0)7 393 15 20 もしくは info@knmtravel.com